ご覧になりたい症例をクリックしてください
最新健康医療情報

●ジョギングは仲間と一緒が脳に良い!
・ひとりだけのジョギングよりも仲間と一緒のほうが、脳細胞が増えることがわかりました。
・研究は、ハーバード大学のエリザベス・ゴウルド教授のグループが行い、その結果が「ネイチャー」に発表されました。
・実験はネズミでされました。羽根車の上を走らせる実験を12日間した後、1匹で運動したネズミと比べたところ、仲間と一緒のネズミの脳細胞は2倍以上になったといいます。
・逆に1匹のネズミは、全く運動しないネズミより脳細胞が減っていました。
・1匹のネズミは、体内にストレスホルモンが増えていました。仲間がいないプレッシャーがストレスになったようです。

●睡眠も糖尿病に大きく関係する!
・エール大学のクラー・ヤギー内科教授らが15年間研究を続けてきました。対象となったのは、40−70歳の709人です。
・対象は全員男性。彼らの睡眠、生活態度、血液検査などを行いました。
・大半が健康のために維持していたのは6−8時間睡眠。それより寝不足、寝すぎは糖尿病のリスクが大きくなります。
・5〜6時間睡眠の糖尿病のリスクは2倍。8時間以上はリスクが3倍になります。
・ヤギー教授によると、糖尿病以外にも心筋梗塞、脳梗塞、高血圧、高脂血症などのリスクが高まるそうです。

●ビタミンCだって、摂りすぎご用心!!
・ビタミンCの1日の摂取量、日本は50mg、米国は90mg。水溶性なので、摂りすぎても心配ないといわれてきました。
・そこで、ワシントン州立大学が48人に毎日200mgのビタミンCを6日連続摂取させる研究を行いました。
・すると、40%の人がシュウ酸エステルレベルが10%上昇。腎臓結石の恐れもあると警告したのです。
・サプリメントの場合、1日最大でも500mgに抑えた方が良いようです。・食事で摂ることには問題ありません。とはいえ、食事では心配するほどはけっして摂れませんが。

●歯周病は早産に結びつく!!
・アラバマ大学のアリス・ゴープハート博士らのグループが、この研究を行いました。
・妊婦の歯周病を研究したところ、歯周病は妊婦の早産の危険を3倍にするという深刻な問題が明らかになったのです。
・しかし、歯茎のバクテリアが早産を促しているのかどうか、そこまではわかっていません。
・その他、早産のリスクとしては年齢、喫煙、飲酒などがありますが、それをカットしてもリスクは3倍になるそうです。
・歯周病は心臓病のリスクがアップするなどの研究も、続々と発表されています。

●太りすぎは膝関節を悪くする!・BMIが27.5以上あると、膝軟骨の損傷リスクは3倍にアップします。BMIが40だと、リスクは15倍です。・BMIは体格指数という意味です。体格指数=体重(kg)÷身長(m)の二乗で計算します。22がベストの数値です。・米ユタ大学の研究班の調査によると、25以上が肥満になります。・日本人の膝関節症に悩む人は女性に多いです。太ももの筋力低下も原因のひとつとされています。・ウォーキングをし、太ももの筋力をアップさせるとともに、BMIを25以下にするようダイエットを心がけましょう!