ご覧になりたい症例をクリックしてください
インフルエンザ

“かぜ”、正確には“かぜ症候群”は、くしゃみ・鼻水・鼻づまり・咽頭 (いんとう) 痛・せき・たんなどの上気道から下気道に至る呼吸器各部位からの症状を呈し、多少とも発熱・頭痛・全身けん怠・食欲不振などの全身症状を伴い、ときに嘔 (おう) 吐・下痢などの消化器症状をも現します。通常は、約1週間で治癒 (ゆ) に向かう疾患です。インフルエンザも“かぜ症候群”に含まれますが、インフルエンザは他の“かぜ”とは違って重症化する危険があるため別格に扱われています。

インフルエンザは鼻水・咽頭痛・せきなど呼吸器各部位からの症状が現れますが、突然の高熱・全身けん怠・頭痛・腰痛・関節痛などの全身症状が強いのが特徴です。とくに高齢者、小児、妊婦、呼吸器疾患患者などは時として入院、死亡に至ることもある重篤な感染症で、しかもその進行は極めて速いです。対照的に、普通感冒 (いわゆる“かぜ”) は、主として上気道、それもくしゃみ・鼻水・鼻づまりといった急性鼻炎の症状が顕著で、発熱はあっても37度台に止まり、全身症状はあまりありません。

普通感冒 (いわゆる“かぜ”) の原因となる微生物は、80〜90%が種々のウイルスであり、残りの10〜20%が細菌です。かぜ症候群の病原ウイルスは、主にライノウイルスであるものの、そのほかのいろいろなウイルスによっても普通感冒にかかります。かぜ症候群の病原ウイルスには、もちろんインフルエンザウイルスも含まれています。

インフルエンザウイルスは、オルトミキソウイルス科に属すRNAウイルスで、A、B、Cの3種類の血清型に分類され、毎冬流行しているのがA型とB型です。とくにA型は大流行になります。

インフルエンザの確定診断は、インフルエンザウイルスの分離検出によってなされますが、通常の医療機関でのウイルス分離は困難であるため、その診断はインフルエンザ様の症状と流行状況によって臨床的になされる場合がほとんどでした。また、従来の抗体測定ではペア血清が必要で結果が得られるまで少なくとも1週間はかかってしまいます。しかし近年、インフルエンザ迅速診断用のキットが発売され、迅速診断が可能となりました。

インフルエンザは進行が極めて速く、しかも重症化する危険があるため、インフルエンザを迅速かつ正確に他のかぜ症候群と鑑別することは重要なことです。インフルエンザのA、B型ウイルス同時、A型のみ、B型のみの迅速診断用の各キットともに、患者から採取した咽頭ぬぐい液、鼻腔ぬぐい液、鼻腔吸引液などを検体としています。酵素免疫測定法 (酵素抗体法) は、ウイルスの核蛋白に対するモノクローナル抗体を用いて、酵素免疫法 (EIA) や光学的免疫測定法 (optical immunoassayOIA) でウイルスを検出するキットです。酵素化学的測定法は、インフルエンザウイルスのノイラミニダーゼ酵素活性をを利用してウイルスを検出するキットです。この他、免疫クロマトグラフィー法によるワンステップの迅速で簡便なキットもあります。

現在、迅速診断のキットとともに、抗ウイルス薬も認可されて使用可能になっています。迅速診断キットを利用して、インフルエンザ感染が確認された場合は、インフルエンザウイルスの増殖を阻止する治療薬 (抗インフルエンザ薬) である「アマンタジン」や「ザナミビール」を発症後48時間以内に服用することで、インフルエンザウイルスによる気道傷害などを軽減化することが可能です。「かかった」と思ったら、早めに医師の診察を受けに行きましょう。

最近では、個人防衛の立場からのインフルエンザワクチン接種が普及してきています。平成15年度のインフルエンザワクチンは、A型(H1N1)、A型(H3N2)、B型の3つのウイルスから作成したワクチンのコンビネーションです。
 ワクチンの接種回数については、13歳未満には2回、65歳以上には1回、13歳以上65歳未満では1回又は2回接種(過去の予防接種歴、罹患歴を考慮して判断)というのが標準的な接種方法です。